お知らせ
黄色のカプセル

性行為を行う際に妊娠を望んでいる方もいますが、一方で妊娠を望まず性的欲求を解消するために性行為をしている方も少なくありません。
その場合、避妊に必要な道具を揃える必要があります。

女性であれば、低用量ピルを普段から服用する方が多いです。
ですが性行為をするつもりがない場合、そのような避妊方法は取れません。
成り行きで妊娠の可能性が出てしまった場合、異なった手段で対処する必要があります。
そのときに使うのが、アフターピルです。

病院でアフターピルの処方を受けるときの価格について

アフターピルを入手する方法の一つに、病院から処方してもらうという方法があります。
医師が処方するため、より安全なアフターピルを入手できる方法です。

病院ではアフターピルを入手できますが、医師に直接売ってほしいと言って入手できるわけではありません。
低用量ピルでも同じですが、ピルを処方するにはまずその人の体質に問題がないかどうかをチェックします。

アフターピルにはヤッペ法とノルレボ錠の2種類が存在しており、片方は副作用が起きやすいなど人によって相性も違うのです。
そのため第一に簡単な検査を行い、次に精密検査を行うことで女性に適した避妊薬を処方します。

しかし、この検査には費用を支払う必要があります。
診察料が発生するわけですが、値段としては簡単な検査が5000円程度、精密検査になれば1万円払うケースも少なくありません。
いくら副作用による問題を避けるためとはいえ、決して安い値段ではないでしょう。

また低用量ピルとは違い、アフターピルは緊急避妊薬と呼ばれているため、少し値段が高くなります。
低用量ピルであれば1か月分を3000円程度で購入することができますが、アフターピルの場合は1錠だけで1万円~2万円ほどかかることもあります。

診察料とアフターピルの代金を足せば、2万円ほどです。
これを安いと感じるか高いと感じるかは自由ですが、大半の女性は高いと感じるのではないでしょうか。

さらに、アフターピルは事故などによる環境的な要因で処方されていないため、これらの料金は全て保険適用外です。
保険適用外ということは数万円を全て実費で払わなければいけないため、女性であれば痛い出費にもなります。

診察料とピルの料金を含めれば高めの値段設定ですが、実はこれらの料金は病院によって異なっています。
「A院では計2万円かかったが、B院では1万円程度で済んだ」という場合も少なくありません。

アフターピルを処方する際、完全に医師の自由診療という形になります。
ですので、アフターピルや診察料の値段に一切の制限はありません。
数十万円で売ってしまうことも、可能と言えば可能なわけです。

しかし自由診療なので、例よりも安く入手できる場合もあります。
ですので、値段が気になる場合は一度病院に問い合わせてみるのが良いでしょう。

通販でアフターピルを購入する場合の価格について

病院とは別に、ネット通販でアフターピルを購入する方法も普及しています。
病院で入手する方法と比較すると、異なる点がいくつかあります。

まずネット通販ですが、日本国内の通販サイトでアフターピルを販売していることはありえません。
なぜかというと、薬事法(薬の購入・販売に関する法律)によって規制されているからです。
基本的に日本ではアフターピルによるトラブルを防ぐため、一度医師の診断を受けるように推奨しています。

日本の通販サイトで売っていないならどう買うかというと、個人輸入という方法を使用します。
個人輸入は薬局などが海外から薬を輸入しているのとは別に、個人で海外から購入し入手する方法です。

病院と異なる点として大きいのは、その値段でしょう。
海外では、アフターピルなどは性教育の一環で習う当然の避妊薬であり、現地の薬局でも普通に販売しています。
そのため、高額な金額ではなく手ごろな金額になっているわけです。

個人輸入で購入されることの多いアフターピルが、アイピルというノルレボ錠です。
アイピルは日本だと1錠1万円ほどしますが、海外から個人輸入した場合1錠2000円程度で購入できます。
場合によっては、それ以下の値段で売っていることも少なくありません。

また病院で処方してもらうのとは違うため、1万円ほどの診察料が上乗せされることもないです。
結果として病院で2万円払って入手できるものが、2000円ほどで入手できるようになります。
1万8000円安くなったと考えれば、お得に入手できる方法だというのがわかります。

個人輸入と一口に言っても、個人で注文する場合と業者に発注を代行してもらう場合の2種類があります。
個人輸入代行業者に依頼する場合は、支払い方法が特別で購入できなかったり、サイト選びに不安があるという方が多いです。

個人で海外の通販サイトから購入するわけではなく、日本国内の輸入販売を行っている業者に注文します。
そのため、一から個人で購入するよりも少し値段が上がってしまいますが、それでも値段としては3000円程度で購入することが可能です。

そしてネット通販では、まとめ買いセールなどが適用されている場合もあります。
ですので、最安値になれば500円ほどで購入できる可能性も少なくありません。

アフターピルの病院処方と通販、それぞれの利点と欠点

アフターピルの入手手段は病院から処方してもらう方法と、ネット通販を利用する方法の2つがあります。
比較すると、それぞれ違った利点と欠点が浮かび上がります。

まず、ネット通販を利用した場合はアフターピルを病院で処方してもらうより9割引きされた値段で購入できます。
値段の面では、圧倒的にネット通販で購入した方がメリットも大きいです。

またネット通販を利用した場合、自分の欲しいアフターピルを自由に入手できます。
購入できる数に制限もないため、必要だと思った分だけ購入することが可能です。

さらにネット通販そのものの利点ですが、外出する必要が一切ありません。
病院などへ行く必要もなく、ネットだけで購入が完結するため、誰にも知られたくないという女性に向いている購入方法だと言えます。
病院に行くことや検査を受けることが億劫に感じる方であっても、手軽に利用することが可能です。

しかし、病院は病院でしっかりと利点もあります。
まずネット通販で購入する場合と違うのが、安全面やアフターケアです。

精密検査などを受ける際に高い費用が出るのは欠点でもありますが、同時に費用を払うことで自分にどのようなアフターピルが適しているかを判断してもらうことができます。
その上、もしものときはその病院へ行けば、事情を説明する手間も省けます。

ネット通販を利用すれば、そういうわけにはいきません。
アイピルは安全性の高いアフターピルですが、必ず合わない体質の方はいます。
もし相性が合わずに副作用が起こっても、個人輸入は完全に自己責任のため、治療を受けるとなっても保険などは一切適用されません。
ネット通販は完全に自己責任なのに対し、病院はある程度支えてもらうこともできるため、安心して利用できるというメリットがあります。

また病院で処方される避妊薬は、ほとんどの場合しっかりと効果がある薬です。
しかし海外の通販サイトには、悪質なサイトも多々存在します。
アイピルだと思って購入したものが、実際に服用していると全く違う薬だったというケースも実際にありました。

さらにネット通販は、病院と違って即日入手がしづらいです。
そのため、緊急避妊をしたい場合であっても72時間以内に使用することができず、避妊に失敗する可能性もあります。
値段という面ではネット通販のメリットが大きいですが、服用することを考えると病院で処方してもらう方が良いでしょう。